お金借りる 外国人

外国人がお金を借りる!収入があれば大丈夫なの?

 

外国人という表現はさまざまな意味合いがありますが、法律的な区別からすれば日本国籍以外、つまり外国籍である人を指します。外国人でも長年、日本で生活をしている場合には、日本国籍を取得する帰化と呼ばれる手続きを行う人も多く居ますが、いつかは母国に帰ることを考えている人の方が多い傾向にあります。

 

一方で外国人だからといって特別日本人と生活の面で変わったところはなく、働くことで収入を得て、その収入で生活をしています。収入が十分であればお金が必要といったケースもほとんどありませんが、何らかの理由でお金が必要となった場合には日本人と同様にどこかに借金をするといったケースもあります。

 

この場合に外国人がお金を借りるための方法としては、お金を借りられる立場にあるかどうかです。

 

ちゃんと手続きを踏んで入国している場合には在留カードが発行され、これが身分を証明するものとなっています。また外国籍ではあるものの日本に永住する許可を得ている人もあり、その場合には特別永住者というものもあります。いずれにしてもこの2つがあることは国から日本での居住を許可されている人で、申込みのさいに身分証明書として提出することになります。

 

これら外国籍であっても日本での在留または永住が認められている人は銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングなどのお金を借りるサービスを利用することが可能です。ただし利用が認められているもののお金の借り入れが可能かは別の話で、審査に通るかはその人の経済状況によって変わってきます。

 

十分な収入があり、名だたる会社で働いている場合には、日本人よりも優遇されることもありますが、反対に日本人であれば借りることができるようなアルバイトやパートといった職業の場合には外国人の場合には審査に通りにくくなります。

 

また在留カードのような一時的な滞在とみなされる場合には審査に通りにくくなります。これは借りたまま帰国されてしまうと回収することが困難なためです。

 

いずれにしてもカードローンやキャッシングでは、その時の状況により融資を決定しますから、外国人であっても条件が合致すれば金融機関からお金を借りる事ができます。