お金借りる 学生 カードローン

社会人じゃなくても借りられる!学生向けのカードローン

 

お金を借りられるのは社会人だけと解釈している方が多いですが、学生に対応しているカードローンやキャッシングは少なくありません。

 

原則として20歳以上で仕事を持っていれば借りることができます。つまりアルバイト収入を得ている大学生は借りることができます。高校生は収入の有無に関係なく、借り入れはできないので注意してください。

 

カードローンやキャッシングにおける学生とは、大学生のことだと考えてよいです。正確には大学院生や短大生、専門学校生なども含まれていますが、高校生は除外されています。つまり高校生はまだ未成年だと認識されるため、借りることはできないわけです。つまり25歳でアルバイト収入を得ている高校生も融資は受けられません。

 

学生に対応している金融機関には銀行も含まれるので、最初は銀行ローンにチャレンジしてみるのもよいです。銀行は低金利で融資してくれますし、総量規制の対象にもなりません。

 

ただ現在の消費者金融の金利は、銀行と比べて極端に高いことはないです。あまり変わりのないレベルですから、銀行に落ちてしまった方は消費者金融ローンを検討してみるとよいです。

 

総量規制の対象にはなりますが、日常の借り入れで不都合を感じることはありません。カードローンやキャッシングはもともと小口融資としてラインナップされているので、年収の3分の1以上の融資を受けるのは金額的にかなり多いと言えます。

 

初めてローンを利用する大学生は、初心を忘れないようにしましょう。たくさん融資を受けるほどローンに慣れてしまうので、自分の中で借り入れの限度ラインを決定しておきます。

 

例えば最高でも10万円は超えないというように、決まりを作っておくのが大切です。たくさん借り入れをするほど返済が大変になり、学業に影響が生じてきます。学生にとって勉学は仕事以上に大切なものですから、バイト中心の生活になるのはよくありません。そのためバイト収入が出るまでのつなぎとして融資を受けるのがおすすめです。