お金借りる 派遣社員 キャッシング

銀行カードローンでも借りられる?派遣社員と契約社員

 

契約社員や派遣社員の人は、銀行で融資の申込を行っても断られてしまうケースが目立ちます。

 

これは、契約社員や派遣社員が長期的に安定して収入を期待することが難しい現状にあるからです。元々、契約社員や派遣社員というのは、照会されて会社に所属しているだけですので、その会社の正社員というわけではありません。

 

どちらにしても、契約を打ち切られてしまうとその時点で職を失ってしまうことになるのです。この状況下では、銀行も大きなお金を貸しづらいという現状があります。しかし、銀行でお金を借りることができないとしても別の金融業者では簡単にお金を貸してくれます。

 

これは、消費者金融という金融業者を利用することです。なぜ消費者金融ではお金を借りやすいのでしょうか。

 

これは、融資の審査基準が消費者金融と銀行では根本的に違っているからです。消費者金融は、融資の審査基準に収入の長期的な安定性を求めていません。

 

消費者金融は、銀行のようにカードローンというサービスを提供していますが、このカードローンの考え方が銀行のそれとは異なります。銀行は、カードローンの作成時に相手に収入などを考慮して大きな金額を借りられるように作ります。実際に、銀行の中にはカードローンの中に住宅ローンのサービスを組み込んでいるところも存在します。

 

一方で。
同じカードローンであっても消費者金融のカードローンはキャッシングという少額融資を限定としていますので、非常に使いやすく借りやすい仕組みになっているのです。事実、消費者金融のカードローンは、契約社員や派遣社員でなくても、フリーターやアルバイトであってもお金を借りることができるようになっています。

 

これは、消費者金融が最低金額の融資のみを行っているからに他なりません。肝心の収入面の審査も、在籍確認という在籍を確認するだけの審査で終わりますので、書類を提出する必要性はありません。ですから、消費者金融ならば契約社員や派遣でも気軽に借りられるのです。