お金借りる 自営業

自営業者が無担保や低金利でお金を借りる条件とは

 

基本的に、銀行などの金融機関は正社員などの定職についている人を対象としてサービスを提供しています。

 

そのため、自営業やフリーランスの場合にはお金を借りづらくなってしまうこともあります。しかし、自営業やフリーランスであっても、お金を借りられる方法は存在します。

 

これらの場合、お金を借りる方法としては個人として融資を受ける方法と法人でお金を借りる方法と二つが考えられます。もちろん、個人の場合であってもお金を借りられる可能性は十分にあります。

 

基本的に、個人事業主などで手続きが難しくなってしまうのは、収入の証明が難しくなってしまうことがあるからです。正社員の場合は、収入証明に必要な確定申告などの各種手続きを会社が行ってくれます。そのため、手続きを行えばすぐにでもお金を借りられる準備が整います。一方で、フリーランスや自営業のこれらの手続きはすべて自分自身で行わなくてはいけません。

 

正社員の場合は、勤続年数なども参考に審査の基準が設けられていますが、自営業の場合は自分で会社を経営しているだけであっても一つの会社に就職をしているわけではありません。そのため、収入の安定性などを証明する際にハードルが高くなってしまうことがあるのです。

 

しかし、こうした収入面での問題をクリアすれば比較的簡単にお金を借りられるようになります。実際に、近年は消費者金融もフリーランスなどを対象にお金を借りることができるようにマニュアルを準備しているところがあります。

 

また、特定のサイトでフリーランスとして働いている人は福利厚生の一環でそのサイトと提携する金融機関を通して独立起業のための事業資金を提供してもらうこともできるようになっています。

 

こうした対策がとられているため、元々お金を借りるのが簡単だった消費者金融ではそれほど難しい手続きをしなくても融資を受けることが可能なのです。収入面の確認さえ取れれば問題ないので、この点だけ気をつけておくことです。