お金借りる 身近

安心して借りるなら、やっぱり身内が一番?

専門学校生や大学生などの子供は、お小遣いが足りなくなったり、親元から離れて生活をしていると生活費が足りなくなることもあります。子供の場合は祖母や兄弟姉妹、両親などの身内からお金を借りることが多いです。

 

大学生や専門学校生の場合は、高額なお金が必要になることはほとんどなく、数千円から、2、3万円程度のお金が足りなくなることもあります。
おばあちゃんや両親などの身内に相談をすると、お金を貸してもらえることが多いです。

 

少額のお金でもあまり頻繁に借りていると、関係がぎくしゃくすることもあるので、本当に困った時だけ身内に頼るようにしましょう。

 

専業主婦の場合は収入がないので、消費者金融でお金を借りるのは難しいため、生活費が足りなくなると旦那やおばあちゃんに相談をしてお金を借りている人も多いです。

 

旦那やおばあちゃんなどの身内からお金を借りていると、金融機関を利用している時よりも返済が遅れがちになりますが、お金が入ったら早めに返済しましょう。

 

どうしてもお金が必要になった時は、身内からお金を借りることも出来ますが、なるべく家族に迷惑を掛けたくない場合はキャッシングやカードローンの利用も検討したほうが良いです。

 

銀行・消費者金融VS身近な人 お金を借りるなら?

身近な人からお金を借りることには危険もともないます。ただの知人から借金をすることはおすすめしません。

 

うまい話はないと言われているように、なにか裏がある可能性があるからです。先輩・後輩の関係では、先輩がお金を貸してくれることがありますが、後々のトラブルにつながる例もよくあります。部活や仕事の先輩からお金を借りてしまったためにその後逆らえなくなってしまったり、無理な注文を押し付けられたりです。

 

友達にしても、相手を選びましょう。昔からの古い付き合いの友達なら貸してくれるかもしれません。しかし、もしも返済ができなくなったら大切な友達を失ってしまう可能性があります。

 

子供の頃から付き合いのある友達というのは簡単には作れない存在です。代わりがいない存在ですので、そのような大切なものを失ってしまわないように気をつけましょう。

 

恋人や異性からお金を借りるという話はよくありますが、同じくらいに返ってこないという話も聞きます。異性の場合、体の関係も結んでいることがあります。体の関係を結んでいると、それを理由にしてお金を返してもらえない・返さないというトラブルにつながる可能性が高いようです。

 

職場の同僚や上司からお金を借りることは、正社員の人なら定年まで働く予定があるのでよいかもしれません。信頼関係があること、そして必ず返済をすることという2つの条件を満たしているならOKです。