お金借りる 年金受給者 カードローン

詐欺等に騙されないで年金受給者がお金を安全に借りる方法

 

年金受給者でもカードローンやキャッシングでお金を借りることができます。

 

利用方法も年齢を満たしており、安定した収入を得ていることなので基本的には同じです。ただし、この条件を満たせないケースが発生するのが多いことに注意が必要になります。

 

年金にも様々な種類がありますが、受給年齢に達すれば支給される老齢年金の場合には繰り上げしていないと65歳からになります。この年齢は一部のカードローンやキャッシングでは申し込み時に認められる上限を超えてしまい、利用できません。

 

上限は各社で異なっていますが、65〜69歳までのところが多いので70歳以上になると新規契約は難しいです。収入に関しても、アルバイトやパートをしている場合は借り先の候補は多いですが、年金のみになると収入としていない金融機関もあり、利用できないので年齢と収入を確認してから申し込みましょう。

 

カードローンやキャッシングの審査に通らなくてもお金を借りられないわけではありません。銀行や消費者金融よりも低金利で借りることができる年金担保融資が公的機関で行われているので、こちらを優先した方が良いでしょう。

 

金利は2%程度になるので利息の負担が非常に少ないです。銀行カードローンの適用金利は最低では2%程度のものもありますが、限度額が上限になっていないと適用されないので年金受給者が利用できるものではありません。金額が少ないと上限になり、15〜18%のものが多いのでこの差は無視できないほど大きいです。

 

年金担保融資を利用する際に、借り過ぎには注意が必要です。公的な融資になるので税金などと同じで自己破産しても支払いの義務から逃れることができません。支払いは支給額からの天引きなので払い忘れる心配はありませんが、手取りが少なくなるので借り過ぎると生活が圧迫されます。

 

65歳から利用できる生活福祉金貸付制度も検討すると良いでしょう。連帯保証人がいれば無利子で借りることができるので、年金担保融資よりも条件が良くなります。