お金借りる パート カードローン

低収入でも安心!カードローンの審査に通る!

 

カードローンやキャッシングの申し込みをする場合、毎月安定した収入があると認められれば、アルバイトやパートでも手続きできる所がほとんどです。ただし、貸金業には総量規制がありますし、銀行等の預金業務ができる金融機関でも総量規制に準じた基準を設けている所がほとんどです。年収の3分の1を超える借入は難しいでしょう。

 

銀行等の場合は、金利が低めですので審査基準も高い場合があります。バイトをしている場合は、勤続年数が1年未満でも借入可能な場合がありますが、3ヶ月〜6ヶ月は継続している勤務歴が必要な所が多いです。概要書や説明書などを読み確認しましょう。
消費者金融の場合は、勤務して1ヶ月以上であればフリーターの方でも借入できる会社もあります。在籍確認を行えば実際に勤務をしているか確かめられますので、あまり神経質になることはありません。

 

パートやアルバイトの方の場合、在籍確認なしでカードローンやキャッシングを利用するのは難しい場合があります。一部の金融機関では、追加の書類が提出できれば、電話での連絡や郵送での書類の送付をしないように配慮してもらえます。一般的に、勤務先に架電しなくても、確実に勤務先に属していることが分かる書類があればいいのですが、バイトの方は用意が難しいです。

 

働いていることを証明するためには、勤務先名が記載された健康保険証が必要になりますが、フリーターの方ですと勤務時間などの条件から国民健康保険に加入することになります。国民健康保険には社名は入っていませんので、在籍確認にはつかえません。

 

パートの方の場合は、家族の扶養控除の範囲内で働いているケースがあり、配偶者名義の健康保険に加入していることがあります。自分名義ではないので、証明書として提出することはできません。そのため、会社への連絡を受けるのが難しい場合は、申し込みをした時に本人がいる時間に電話をしてもらうように頼んでみるのも良い方法です。