お金借りる 専業主婦 銀行系カードローン

専業主婦がお金を借りる場合の注意点と審査可決条件

 

専業主婦の人がお金を借りようと思えば、少しは慎重になる必要があります。というのも、申し込む相手を間違えると決してお金を借りることができないようになっているからです。これは、申し込み先のローン商品案内などを見ても明確には書かれていないことも多く、専業主婦の人を不安にさせたり怒りを感じさせたりする原因になっています。

 

どこに申し込めばよいのか、どこには申し込んではいけないのかということですが、銀行系カードローンに申し込む必要があります。消費者金融に申し込んではいけません。絶対に借りることはできないからです。

 

なお、先に断っておきますが、銀行系カードローンに申し込んだからと言って必ず借りられると決まっているわけではありません。お金を借りるためには審査を受けてそれに通る必要があるのです。これは専業主婦であろうがそれ以外の人であろうが同じで、どんな人でも審査を避けて通ることはできませんので、念のために説明しておきます。

 

どうして銀行系カードローンではよくて消費者金融では無理なのかというと、消費者金融は総量規制対象だからということになります。総量規制とは何のことかと思われるかもしれませんが、これはある人が金融機関から借りることのできるお金の合計を規制するルールのことで、どんな人であっても、金融機関から借りることのできるお金はその人の年収の三分の一までと決められているのです。

 

専業主婦の人には年収はないのですから、このルールに従えば全くお金を借りることはできません。家族には収入があるという主張をされるかもしれませんが、このルールは個人個人に対して適用されるもので、家族の収入は一切関係ありません。

 

ですが、この総量規制対象となるのは消費者金融だけです。つまり銀行系カードローンには適用されず、そのため個人には収入のない専業主婦であっても審査を受けて通過しさえすればお金を借りられる可能性があるということです。