お金借りる 申し込み 審査

カードローン申し込みから借入までの流れ

カードローンの申し込み方法はいくつかあります。
実際に店舗や銀行にいって申し込みをする方法、書類等を記入して郵送で申し込みをする方法、インターネットで申し込みをする方法などです。
最短でカードローンを利用することが出来るのは店舗や銀行にいってすぐにカードを発行してもらう方法なのですが、最近ではインターネットで申し込みをしてネットで口座にお金を振り込んでもらうことが出来るカードローンの会社もあります。

 

インターネットで手続きする流れは、インターネットのサイトにて申し込みすべき情報を記入し、送信します。しばらくするとローン会社で審査を行い、審査結果が電話にかかってきます。

 

この際の注意点ですが、審査を行う際は現在働いている会社に在籍しているかどうかの確認の電話が入ることがほとんどです。そのため、休日等に申し込みをしてしまうと在籍確認をすることができない場合もあります。

 

無事在籍確認が終わると、限度額等の連絡がきます。メールでサイトにログインできるアカウントやパスワードが送られてくる場合もあり、その場合はインターネット上で入力するだけで自分の口座に入金をしてもらうことができます。

 

急いでお金が必要となってしまった場合は、インターネットを利用するのが一番便利かもしれません。

 

おかねを借りる際の必要書類について

 

お金を借りる際の必要書類は大きく分けて「身分証明書」「収入証明」の二つに分かれます。

 

まず身分証明書というは、俗にいう身分証のことです免許証や住基カードなどが自分の身分を示せる公的な書類、特に顔写真付きのものを求められます。最近ではマイナンバーカードに対応する会社もありますが、その場合でもマイナンバーは隠すように言われるのが一般的です。また顔写真がついてない健康保険証などの場合、複数の身分証を提示するように求められるのが一般的です。

 

もう一つの収入証明は源泉徴収票や給料明細、自営業の型であれば確定申告書の写しなど収入を証明できる書類のことをいいます。

 

この収入証明は常に提出を求められるということはなく、一定額以上の借り入れや他社の借入額が多い場合などに求められるのが一般的です。

 

基本的にはこの二つの書類を提出するだけで完了します。
契約が成立した場合、後日契約に使う印鑑証明の写しを求められたり、正式な契約書を書いて返送することなどもありますが、ネット申し込みであれば追加書類も必要なし、契約書はネット上でやり取りということも多いので追加書類を提出する必要はありません。

 

周りに知られたくない場合などはこれを使いましょう。

 

 

キャッシングの審査はどんな感じ?自信がなくても大丈夫

 

キャッシングを利用するには、お金を借りる審査があります。審査をパスして融資を受けることはできないので、甘い言葉には惑わされないでください。審査が甘いと謳い文句にしているローンは、消費者金融や銀行には存在しないです。

 

すべて闇金の類ですから、審査が甘いをアピールしている金融機関は避けてください。

 

ローンの審査には100%は存在せず、審査通らないことは当然ながらあります。実際の確率を見てみると80%くらいであり、100%になることは絶対にないです。審査が甘い、確実に借りられるなどの謳い文句を信用してはいけません。

 

そもそもキャッシングの審査とは、返済能力を判断するために行われています。返済能力がないと返済できなくなり、金融機関は大損することになります。そのため十分に返済能力があると判断した人にしか融資はしないわけです。

 

もし審査通らない場合は、その金融機関は健全だと考えることができます。お金を借りる審査のハードルはローンによって異なり、比較的ハードルが低いのはキャッシングとカードローンです。満20歳以上で仕事を持っていれば、10万円の借り入れならできるはずです。

 

もし10万円も不可という場合は、個人信用情報に問題ありのケース大と言えます。