お金借りる 公共機関

公的機関なら安心!お金を借りて生活を豊かに!

 

生活のため子供の学費のためなど、どうしてもお金が必要なとき、消費者金融や銀行ではなく行政も頼ってみましょう。

 

福祉事務所では生活保護の相談をするという方法もありますが、区役所や市役所など住んでいる地域の役所で利用できるのは生活福祉金貸付制度といって経済的に困っている人を助けてくれる制度もあります。

 

この制度は生活資金や住居入居費など用途によって細かく種類がわかれており、条件を満たす人は目的が一致する資金を借りることができます。この制度の魅力は、普通の場合でも低金利で連帯保証人がいればさらに無利子で借りることができることです。

 

ただし、就職など状況が変われば、融資が打ち切られてしまうので気をつけなければいけません。

 

お金を借りたいときにはまず、住んでいる地域の民生委員から市町村社会福祉協議会に相談をして申込みをします。貸付は申し込みの内容からその妥当性や返済そして自立の目処があるのかといったことを総合的に審査をして合格になれば借りられます。

 

自営業や中小企業等であれば、国金でお金を借りることができます。決算書や納税証明書、経営企画書など必要な書類を揃えて申し込めば、審査が行われて融資を受けられます。

 

公的機関とは少し違うのでですが、一部の生協でも組合委員になって相談窓口に相談をすれば条件に合えば一定金額まで借りることができます。ただし事業の支払いには使えません。